2009年09月12日

2タイプの学習塾

受験熱が加熱しつづける現代日本。


少子化が進んでいますが、

教育への需要は下がるどころか上昇する一方。


中学校受験には家族の協力も必要ですが、

塾も非常に重要です。

今回は学習塾の指導形態にはどんな種類があるのかを、

大きく2つに分けて紹介していきたいと思います。


■講義型

これは皆様が一番イメージしやすく、

馴染みのある塾なのではないでしょうか。


先生が授業をし、

生徒達がそれを聞くというスタイルです。


メリットは、

一度に大量の生徒の面倒を見られる、

すなわち、人気のある先生にも教えてもらいやすいという点。


デメリットとしては、

生徒が授業を聞かずにサボる可能性があるという点です。


■個別型

これは新しく出てきたタイプの塾です。


生徒はテキストを解き、

わからないところがあれば、

先生が指導するというスタイルです。


メリットとしては個別の指導ができるので、

サボりにくいという点。

子供のモチベーションを高めるのに良いでしょう。


一方、

デメリットは先生と生徒の相性が悪いと、

指導を受けているにも関わらず、

サボリに近い状態になってしまう点が挙げられます。


■最後に

もちろん塾のタイプはこの2つだけではありません、

同時に両方を採用しているところもあります。


中学受験の出費において大きな比重を占める塾の月謝。

通うからには料金分の効果を得て元を取りたいものですよね。

中高一貫校を目指している方にとっては、塾は欠かせないものになると思います。

慎重に選びましょう。


posted by juku at 14:31| Comment(1) | 中学校受験 塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://yo47g0m.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月02日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。